復興特別所得税?

当社のような社員がいない弱小零細企業でも、外注としてフリーランスや個人事業主の方にお仕事をお願いすることがある。今まで、源泉徴収で報酬の10%を所得税として引いて支払いしていたが(たとえば3万円支払う場合は33,333円で請求してもらう)、平成25年1月1日から「復興特別所得税」という名目で増税されて、10%ではなくなるというお話。

この復興特別所得税は平成23年12月2日に「復興財源確保法」が公布・施行されていて、復興特別所得税の源泉徴収は平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得について源泉所得税を徴収する際、復興特別所得税を併せて源泉徴収しなければならない とのこと。

気になるのは、その税率。
現在、大体一回に支払う額が100万円を超える場合はないので所得税率10%だけども、平成25年1月1日からは10.21%に。
外注さんとの報酬の決め方にもよるけど、もし10万円の入金を求められた場合、これまでだと111,111円で請求してもらっていたものが、111,370円で請求してもらわないと10万円振り込むことにならない。
0.21%上がることよりも、計算がめんどくさいことの方が大きい…。

会社員の方は、働いている会社が勝手にやってくれると思うけど、経営者は知っておかねばならない事実。
そして、雇用されている方が「自分は関係ない」というのは大間違い。
実はこの増税は所得税・法人税・住民税の3つが対象となっておりますよ。
地震被害の復興のためなら仕方ないかなぁという感じですな。

詳細はこちらから。
国税庁 復興特別所得税関係(源泉徴収関係)

カテゴリー Diary

Leave a Comment

CAPTCHA